マイナスポイントを上手に隠す!

近年では、体形を気にしてワイドパンツを履く方が多くおられます。確かに、気になる腰回りや下半身を隠せるので大変便利なアイテムなのですが、ご自身の体形によってはマイナスイメージとなってしまう事があります。例えば、高身長の方であれば、ワイドパンツをすっきりと履きこなす事が出来ますが、低身長の方ではどうしても、もっさり感が出てしまいます。なので、低身長の方の場合は、あまり太すぎずスラっとしたシルエットのパンツを選ぶ様にしましょう。また、ご自身の骨格がしっかりしている方も注意が必要です。この場合では、ゆったり目のトップスを着用されるケースが目立ちますが、これは逆効果になりかねません。上半身にもボリュームを持たせてしまう事で、さらに体つきをしっかりとしたものに見せてしまうからです。この場合は、上を細く、下を太くというAラインを意識し、トップスは逆にコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。脚の短い方も、ワイドパンツを履く時には注意が必要です。この場合、普通のワイドパンツを履いてしまうと、逆にマイナスポイントを強調させてしまいます。マイナスポイントを隠すためには、ハイウエストのワイドパンツを選んでみましょう。ウエストの位置が高くなる事により脚が長く見えますので、今までとは全く違った見え方になります。この様に、ちょっとした工夫でご自身に合ったオシャレな着こなしが出来ますので、試してみて下さい。

体型隠しができる秋ファッション

夏から秋に季節が変わると、ファッションのスタイルも大きく変化します。夏は明るい色や爽やかな色が季節に映えますが、秋はシックなカラーが似合うでしょう。一気に秋らしいファッションに衣替えしたくなり、新しいファッションアイテムを新調することも多いと思いますが、季節が変わっても気になることと言えば、体型隠しができる秋ファッションです。流行を取り入れた体型が隠せる秋のファッションアイテムでおすすめは、ワイド系のパンツやプリーツのロングスカートです。どちらもトレンドのアイテムとして、お洒落しながらスタイルをよく見せてくれます。脚のラインもお尻もしっかりカバーできて、縦長のラインが強調できるので痩せて見えやすいでしょう。秋らしいブラウンや黒や紺など、シックなカラーで選んでコーディネートしてみましょう。トップスもゆったりサイズのシャツやカットソーを選べば、体型隠しに役立ちます。ワイド系のパンツと合わせるのであれば、ショート丈タイプで選ぶとバランスよく着こなせます。人気のデニムジャケットやノーカラージャケットを羽織り物として選ぶと、素敵にトータルコーディネートできます。秋も体型が隠せるお洒落アイテムを取り入れて、素敵な着こなしを楽しみましょう。

秋におすすめのレディースの装い

今季の秋の大きいサイズのレディースファッションはニットが必須、パープルカラーが多くのメゾンで発表されているため、差し色に使うと一気に今年っぽくなります。パープルと言っても淡いものから濃い色合いのものまでいろいろありますので、初めはストールやタイツなど小物から取り入れるのも良いでしょう。又、サテン素材のブラウスも今期のトレンドです。ブラウスにとどまらず、上品な光沢感のあるワンピースを秋のぽっちゃりコーデにサテン素材は今年っぽく見せてくれますのでいつものアイテムにプラスしてトレンド感を出すのも良いでしょう。又、ジャケットの上からベルトを使ってウェストマークするスタイルも色々なコレクションで発表されています。これは、新しく買いそろえなくても手持ちのアイテムで気軽にトライすることができるスタイルですので、いつもの装いをブラッシュアップしたい方に最適です。また、フェザーを使ったジャケットやトップスなども今期の流行です。今年の秋に大人ナチュラルなワンピースを羽織ものと合わせてはより軽やかでこなれた感じのフェザー使いのアイテムが目を引きます。その他、キルティング素材も秋のトレンドですのでベストやジャケットなどでいつものアイテムに新しさを加えるのもお勧めです。又、ゴールドカラーも引き続き流行の兆しとなっています。

春夏の下半身カバーコーデ

気になる体型をコーデでカバーできるならファッションも楽しめます。そんなカバーしたい部位の代表の下半身をコーデで気になるところを隠して春夏のファッションを楽しみましょう。気になる下半身と言えば脚が一番気になるところです。ふわっとしたスカートは脚を気にしなくてよくなる代表的なファッションアイテムですが、スカートばかりは履いてられません。パンツスタイルも楽しみたい時は、選ぶパンツで気になる脚をカバーしましょう。スキニーパンツは、スッキリして履いていて気持いパンツですが、脚のシルエットがわかりやすいので脚の太さを拾ってしまいます。それでは太さをカバーできないので、ゆったりめのパンツを選びましょう。そしてパンツの丈が少し短いアンクル丈の物を選んで足首を見せて華奢に見えるようにしましょう。この時にスニーカーなどではなく、少しヒールのある物を選びアンクル丈から見える足首を長く見せることで、より華奢な雰囲気を演出しましょう。足首の華奢な脚を見せることで、そのイメージを脚全体に持たせて脚の太さをカバーしましょう。アンクル丈は、脚を細く見せたり、長く見せたりと出来るので有効に使えるアイテムのひとつです。上手く使って下半身をカバーしましょう。

オーバーサイズデニムはマスト!

数年前から90年代ファッションが大流行していますが、90年代アイテムの中でも特に女性に人気なのが、オーバーサイズのデニムパンツです!お尻から太ももにかけてバルーンみたいに広がっているデザインや、ハイウエストでストレートのデザインなど、90年代のデニムはバリエーションが豊富です。最近オーバーサイズのデニムが女性の中で人気になっている一番の理由は、「下半身をカバーして脚を綺麗に見せてくれるから」です。秋冬のように、アウターに下半身カバーを頼れない夏。太ももとお尻のカバーファッションを続けていると、自然と毎日同じようなコーディネートになってしまいます。そこでバリエーションが豊富なオーバーサイズのデニムパンツを取り入れることで、人とかぶらない90年代ファッションを楽しむことができて、さらにハイウエストにトップスをインすると、ウエストも細く見せることができちゃうんです!下半身をカバーしながらトレンドファッションを楽しめるなんて、こんなに優秀なアイテムは他にありません!最近ではプチプラ価格のブランドでも見かけることが多くなってきたので、この夏手に入れて間違いなしのマストアイテムです☆下半身カバーを意識するなら、暗めのカラーがおすすめですよ!

美脚に見せるパンツの選び方

誰もがパンツを履いたら美脚に見せたい。と思っていますよね。美脚に見えるパンツを買ったはずなのに、なぜか合わない。なんてこともあるのではないでしょうか。パンツだけを選んでも、自分の脚にあったパンツでなければ、美脚に見せることはできません。では、どのようなパンツを選ぶと良いのでしょうか。1,O脚・X脚の場合 足のOの部分、Xの部分が気にならないデザインのものを選ぶのが◎。スキニーパンツなどは、脚の形がはっきりわかってしまうため、気になる部分が浮き彫りになってしまいます。ワイドパンツなどの、幅広で脚のラインが目立たないものを選ぶのがオススメです。縦のラインを意識したものだとなお美脚効果がありますよ。2,もも張りが気になる場合 もも周りをキレイに隠せるテーパードパンツがオススメです。気になる太ももはゆったりとしていて、脚下に行くほど細くなっているため、すっきりと見せてくれます。黒なら着痩せ効果も発揮して、太ももを上手くカバーできます。3,ししゃも脚の場合 こちらもテーパードパンツがオススメ。脚下に向かって細くなっているので、ラインが浮き出ず美脚を叶えます。気になる部分はキレイに隠しておいて、細い足首が見えるため、シュッと細く見せてくれますよ。4, 誰でも共通!美脚に見えるのはハイウエストワイドパンツ!言わずと知れた無敵なパンツですよね。腰を高く見せてくれるので美脚効果・脚長効果は抜群です。 自分の脚の形にあったパンツで美脚を手に入れましょう。

平均身長の女性が選ぶ膝丈スカート

今回は、「平均身長(155~160cm)の30代女性が膝丈スカートを着こなすには?」について考えてみたいと思います。ここ数年は、比較的ロング丈のスカートが流行しています。しかし、膝丈もしくはそれ以上長いスカートは平均身長の女性にとっては難易度がとても高いです。身長が高くないので、丈の長いものを着るとバランスが崩れて、スタイルが悪くなります。かといって、流行を気にせず丈の短いスカートをはくと、肌の露出が多くなってしまい、30代にはちょっと厳しいかもと尻込みしてしまいます。上記に記載した悩みを解決するためには、バランスを保つためにヒールを履くというスカート以外で補う方法もありますが、スカートに注目した場合は、ハイウエストかつタイトなシルエットのものを選び、トップスをインさせています。ハイウエストを選ぶ理由は、視点を上に向かせることで、身長の足りなさをカバーさせるためです。年齢を重ねるごとに、下半身にボリュームが出やすくなりますが、ふわっとしたシルエットのもので隠すと余計ボリュームが出てしまいますし、小柄ではない身長の女性が着ると、迫力が出すぎるため、タイトなシルエットですっきり見せ、かつトップスをインすることでウエストにポイントを置くことで、スタイルアップを図っています。

ドレープファッションに注目

私が今注目しているトレンドと思うファッションは、ドレープファッションです。布をたくさん使って、豪華なふんわりしたスカートで大人のオシャレなコーディネートをにみえるのが特徴だと思います。スカートやワンピースに用いられてることが多いですね。色やデザインも数種類あるのが、魅力的に思います。同系色の中に、形や柄を変えたものをいれ、サイドをリボンなどでギュッと絞った感じになっているドレープスカートをテレビでみたことがあります。引き締まった感じにもみえます。それだけでなく、真正面や横側といった方向により見え方が違います。そういう楽しみ方をできるのも、ドレープファッションならではと感じます。その他例えば同系色で同じデザインがオシャレな大人ナチュラル系トップスをのなかに、全く違った色をくみあわせてあるドレープスカートも素敵だと思います。インパクトがあり、個性的な感じに思います。この場合。色の組み合わせが難しく思います。あまりにも破天荒すぎると、チグハグな感じになってしまいます。だからある程度色について知識がないと、つくれないスカートだなと思いました。ドレープスカートは膝丈からロング丈が主に多いです。そのため、幅広い年代の女性に着用できるのもポイントのように感じます。年齢できたいけど無理と思って、あきらめることもありますよね。しかしドレ-プに関しては、年齢関係なく楽しめると思います。

責任や信用に合わせて、コーディネイト

私は今年で41歳になりますが、20歳の頃と着ている服とブランドはほとんど変わっていません。

高校生の頃から、ファッションに興味があり、当時販売されていたファッション雑誌を何冊も読みあさったり、街で見かけたお洒落な人のコーディネイトを真似したりと、ファッションの研究に力を入れていました。

私はアメリカンカジュアル、いわゆるアメカジが好きで、ジーンズやボーダーシャツ、ポロシャツ、ブーツやスニーカーなど、季節に合わせてコーディネイトしていました。

今でもポロシャツやスニーカー、ジーンズなどを着ていますが、当時と決定的に違うのが、きれいに着ることを意識しています。

若い頃は、新品のきれいさが鼻に付き、わざとヨレたものを着たり、古着を買ったりしていましたが、今は違います。

やはり20年の間に、中身に若さやきれいさが減っている分を服で補わなくてはなりません。
また、大人になって家庭を持ち、社会的な責任や世間体など、当時は全く無縁だったものを背負うようになり、社会的信用を無くさないためにも、身嗜みには気を配らなくてはなりません。

小学校の授業参観や、会社の上司とのプライベートな食事会なども参加しなければならず、カジュアルなジャケットやワンピースやパンプスなども普段着の仲間入りを果たしています。

基本的にファッションは自分の好きなものを着るべきだと思いますが、年齢を重ねていき、社会的な責任や信用を得るに従い、周りから期待されるファッションも取り入れていかなければならないと思います。

年齢を考えた服を着ましょう

年齢と共に変化するのは服選びですね。年を重ねても着る服が変わらないのははっきり言うけどおかしいです。服の趣味は変わらないとしても年を重ねれば少しは着るものが変わるのが普通でしょう?10年前に着ていた服を今も着られるからといってそんなこと何の自慢にもなりませんよ。よくそういうことを言う人が居るんだけど、体型が10年前と変わっていないことを自慢したいのでしょう。体型が変わらない自慢をするために10年前の服を大事にとっておくのは良いと思います。だけど、10年前に着ていた服を堂々と着るのは違うと思いますよ。体型が変化すると服を新しく買い足したくなるように、年を取ったら新しい服を買い足すことが大事。昔の服を着られるからと大昔の服を着ている人が居ますが見ている方が辛くなります。満足しているのは着ている本人だけ。見ている人は顔と合っていないファッションを見てどうしたらいいか困っていますよ。褒めて欲しいのかもしれないけど申し訳ないけど褒め言葉が見つからない・・・。褒め言葉どころかなにも言えなくなってしまいます。30代の頃着ていた服は30代まで。40代になったら新しく自分に合う服を選ぶ方が良いに決まっています。