美脚に見せるパンツの選び方

誰もがパンツを履いたら美脚に見せたい。と思っていますよね。美脚に見えるパンツを買ったはずなのに、なぜか合わない。なんてこともあるのではないでしょうか。パンツだけを選んでも、自分の脚にあったパンツでなければ、美脚に見せることはできません。では、どのようなパンツを選ぶと良いのでしょうか。1,O脚・X脚の場合 足のOの部分、Xの部分が気にならないデザインのものを選ぶのが◎。スキニーパンツなどは、脚の形がはっきりわかってしまうため、気になる部分が浮き彫りになってしまいます。ワイドパンツなどの、幅広で脚のラインが目立たないものを選ぶのがオススメです。縦のラインを意識したものだとなお美脚効果がありますよ。2,もも張りが気になる場合 もも周りをキレイに隠せるテーパードパンツがオススメです。気になる太ももはゆったりとしていて、脚下に行くほど細くなっているため、すっきりと見せてくれます。黒なら着痩せ効果も発揮して、太ももを上手くカバーできます。3,ししゃも脚の場合 こちらもテーパードパンツがオススメ。脚下に向かって細くなっているので、ラインが浮き出ず美脚を叶えます。気になる部分はキレイに隠しておいて、細い足首が見えるため、シュッと細く見せてくれますよ。4, 誰でも共通!美脚に見えるのはハイウエストワイドパンツ!言わずと知れた無敵なパンツですよね。腰を高く見せてくれるので美脚効果・脚長効果は抜群です。 自分の脚の形にあったパンツで美脚を手に入れましょう。

平均身長の女性が選ぶ膝丈スカート

今回は、「平均身長(155~160cm)の30代女性が膝丈スカートを着こなすには?」について考えてみたいと思います。ここ数年は、比較的ロング丈のスカートが流行しています。しかし、膝丈もしくはそれ以上長いスカートは平均身長の女性にとっては難易度がとても高いです。身長が高くないので、丈の長いものを着るとバランスが崩れて、スタイルが悪くなります。かといって、流行を気にせず丈の短いスカートをはくと、肌の露出が多くなってしまい、30代にはちょっと厳しいかもと尻込みしてしまいます。上記に記載した悩みを解決するためには、バランスを保つためにヒールを履くというスカート以外で補う方法もありますが、スカートに注目した場合は、ハイウエストかつタイトなシルエットのものを選び、トップスをインさせています。ハイウエストを選ぶ理由は、視点を上に向かせることで、身長の足りなさをカバーさせるためです。年齢を重ねるごとに、下半身にボリュームが出やすくなりますが、ふわっとしたシルエットのもので隠すと余計ボリュームが出てしまいますし、小柄ではない身長の女性が着ると、迫力が出すぎるため、タイトなシルエットですっきり見せ、かつトップスをインすることでウエストにポイントを置くことで、スタイルアップを図っています。

ドレープファッションに注目

私が今注目しているトレンドと思うファッションは、ドレープファッションです。布をたくさん使って、豪華なふんわりしたスカートで大人のオシャレなコーディネートをにみえるのが特徴だと思います。スカートやワンピースに用いられてることが多いですね。色やデザインも数種類あるのが、魅力的に思います。同系色の中に、形や柄を変えたものをいれ、サイドをリボンなどでギュッと絞った感じになっているドレープスカートをテレビでみたことがあります。引き締まった感じにもみえます。それだけでなく、真正面や横側といった方向により見え方が違います。そういう楽しみ方をできるのも、ドレープファッションならではと感じます。その他例えば同系色で同じデザインがオシャレな大人ナチュラル系トップスをのなかに、全く違った色をくみあわせてあるドレープスカートも素敵だと思います。インパクトがあり、個性的な感じに思います。この場合。色の組み合わせが難しく思います。あまりにも破天荒すぎると、チグハグな感じになってしまいます。だからある程度色について知識がないと、つくれないスカートだなと思いました。ドレープスカートは膝丈からロング丈が主に多いです。そのため、幅広い年代の女性に着用できるのもポイントのように感じます。年齢できたいけど無理と思って、あきらめることもありますよね。しかしドレ-プに関しては、年齢関係なく楽しめると思います。

責任や信用に合わせて、コーディネイト

私は今年で41歳になりますが、20歳の頃と着ている服とブランドはほとんど変わっていません。

高校生の頃から、ファッションに興味があり、当時販売されていたファッション雑誌を何冊も読みあさったり、街で見かけたお洒落な人のコーディネイトを真似したりと、ファッションの研究に力を入れていました。

私はアメリカンカジュアル、いわゆるアメカジが好きで、ジーンズやボーダーシャツ、ポロシャツ、ブーツやスニーカーなど、季節に合わせてコーディネイトしていました。

今でもポロシャツやスニーカー、ジーンズなどを着ていますが、当時と決定的に違うのが、きれいに着ることを意識しています。

若い頃は、新品のきれいさが鼻に付き、わざとヨレたものを着たり、古着を買ったりしていましたが、今は違います。

やはり20年の間に、中身に若さやきれいさが減っている分を服で補わなくてはなりません。
また、大人になって家庭を持ち、社会的な責任や世間体など、当時は全く無縁だったものを背負うようになり、社会的信用を無くさないためにも、身嗜みには気を配らなくてはなりません。

小学校の授業参観や、会社の上司とのプライベートな食事会なども参加しなければならず、カジュアルなジャケットやワンピースやパンプスなども普段着の仲間入りを果たしています。

基本的にファッションは自分の好きなものを着るべきだと思いますが、年齢を重ねていき、社会的な責任や信用を得るに従い、周りから期待されるファッションも取り入れていかなければならないと思います。

年齢を考えた服を着ましょう

年齢と共に変化するのは服選びですね。年を重ねても着る服が変わらないのははっきり言うけどおかしいです。服の趣味は変わらないとしても年を重ねれば少しは着るものが変わるのが普通でしょう?10年前に着ていた服を今も着られるからといってそんなこと何の自慢にもなりませんよ。よくそういうことを言う人が居るんだけど、体型が10年前と変わっていないことを自慢したいのでしょう。体型が変わらない自慢をするために10年前の服を大事にとっておくのは良いと思います。だけど、10年前に着ていた服を堂々と着るのは違うと思いますよ。体型が変化すると服を新しく買い足したくなるように、年を取ったら新しい服を買い足すことが大事。昔の服を着られるからと大昔の服を着ている人が居ますが見ている方が辛くなります。満足しているのは着ている本人だけ。見ている人は顔と合っていないファッションを見てどうしたらいいか困っていますよ。褒めて欲しいのかもしれないけど申し訳ないけど褒め言葉が見つからない・・・。褒め言葉どころかなにも言えなくなってしまいます。30代の頃着ていた服は30代まで。40代になったら新しく自分に合う服を選ぶ方が良いに決まっています。

動きやすく洗いやすい素材で

ママコーディネートで重要なことは、子供がいるから動きやすいかどうかということです。そういうことからスカートよりもパンツが向いていますが、立ったり座ったりを繰り返すことも考えてゆったりとしているタイプが向いています。そして次に重要なポイントは洗いやすい素材かどうかということです。食事だけではなく遊びの中でも知らないうちに汚れされやすいのがママの服です。お気に入りの服も着たいけれど、やはりデリケートな素材だと洗うにも気遣いします。ママコーディネートでは扱いやすい綿素材の洋服が選ばれます。でも実用的すぎるとオシャレ度は高くはありません。動きやすさ、汚れにくさなどを考えるとトップスはタイトに、ボトムスはゆるふんわりにしてトップスをインして着るとオシャレです。おなか周りが気になってつい隠したくもなりますが、上下をふんわりにしてしまうとママが着るにはマタニティっぽくなってしまいオシャレ感がなくなります。ワンポイントに少しレースが入っている、プリーツが入っているなど可愛いくなりすぎないアイテム選びもポイントです。動き回ることも多いため、体温調整しやすく薄手のカーディガンを羽織っているといつでも着脱しやすいです。気になるおなか周りはカーデで隠すこともできます。洋服をフェミニンな印象にしても、足元はスニーカーや運動靴、帽子をキャップなど選ぶと全体的に締まったコーデできまります。

ナチュラルに着こなす姿がよい

女性から見たおしゃれな女性、男性から見たおしゃれな女性にはそのポイントが異なると思います。私は40代の男性ですがおしゃれな女性と言うのはこれといった価値観を持っています。基本的に女性が洋服を着こなすにあたっては高価なブランドを着飾るよりもいかにナチュラルであるかという方が重要だと思っています。特に自分自身がどのようなタイプであるかを自覚できていて、大きいサイズの洋服を購入する際ワンピースは特に通販でにもそれを意識した着こなしをイメージした購入ができる女性こそがおしゃれだと思います。もちろん、年齢とともにその個人個人によって着こなしが変わってくると思いますし、似合うスタイルも変わってきます。年齢とともに着こなしが同じで必ずおしゃれだと言える人は少ないでしょう。例えば、40代になっても20代前半と同じ洋服の着こなしでマッチしていておしゃれなと言われる人は少ないと思います。自己分析だけでは難しいかもしれませんが、客観的にいろいろな方々に自分の洋服がどうすればしっくりくるかを評価してもらい、自分自身で納得した上で着こなしをする方こそが本当におしゃれな女性だと言えるのではないでしょうか。そして、そのような女性は間違いなくナチュラルなファッションを意識したシャツしていると思います。

オシャレを諦めない服の選び方

いつまでも30代のようなファッションを選んでいると、年齢とずれた服装になってしまいます。でもまだ太ってもオシャレを楽しめるアウターを大きいサイズの通販で選んでべき40代50代はどのように服を選べば良いのでしょうか。まず流行アイテムを1点入れると、それだけでいまどき感が出ます。それにプラスして手持ち服を合わせることができれば一番です。ですからいきなり今までとテイストの違う服を買うのではなく、手持ちの服はどんな服があるのか選ぶ前にチェックしておきましょう。他の服と合わせにくいアイテムは、結局着まわすことができなくなってしまうからです。そして40代50代になると大きめの秋色のトップスが大きいサイズの女性にはおすすめ、少し露出を控えめにするほうが年齢に合った上品なファッションに仕上がります。20代30代だと露出は気になりませんが、年齢が上がるほどに下品に見えてしまいます。好きな服装と似合う服装は年齢と共にずれてくるので、気をつけて下さい。夏場ならノースリーブよりは、袖にフリルなどボリュームがあるナチュラルでオシャレなトップスをって二の腕をうまくカバーできるような洋服が良いです。下着が見えやすいデザインはオススメできません。ボトムスは短すぎない膝下の長さだと上品です。おなか回りは気になりますが、多少おなかが出ていても裾はインしていたほうがすっきり見えます。その上でワンポイントに流行アイテムを持ってくると、今風だけど年齢に合った落ち着いたナチュラルファッションが完成します。

オフィスでも通用する私服

私が服を選ぶときに大事にしていることはオフィスでも通用する私服であることです。
具体的にいうと、「シンプルでベーシックなデザイン」「手持ちの服との合わせやすさ」「サイズ感」です。
なぜこの3つなのかというと、職場がかなりゆるいオフィスカジュアル着用のため、仕事でもプライベートでもほぼ同じ格好をしているからです。
もともとシンプルな服が好きなのですが、シンプルでベーシックな服は流行り廃りがなく長く着ることができ、オフィスで着ていても不自然ではありません。家の収納が狭く、わざわざ仕事のために好みでもないオフィスカジュアルを揃えたくなかったのも理由のひとつです。
オフィスでいつも同じ服を着ていると思われるのを防ぐためには、手持ちの服との組み合わせやすさが重要です。が、なにより組み合わせしやすい服は、朝着るものに迷うことがありません。昔はよく、気に入ったトップスを買っては合わせられるボトムスがなく、組み合わせにさんざん悩んだ挙句結局着ない、なんてことがよくあったため、合わせやすさは重視しています。
そして最後にサイズ感。サイズ感があっている服はキチンと感が出てオフィスにも適しています。また自分に適したサイズの服はスタイルがよく見えるため、服を購入する場合は必ず2サイズ試着するようにしています。

通販での服選びのポイントとは?

以前に比べて通販で服を買うというのが、一般的になっています。通販で服を買う時は、以下の点に気をつけるとよいですよ。まずお気に入りの服が見つかったら、しっかりサイズ表を見て確認することです。モデルさんが着ている姿と、実際に自分が着る姿では、大きくかけ離れてしまいやすいです。ですのでしっかり、着丈や肩幅など、細かくサイズを確認することが大切です。その際に、実際に家にある同じアイテムを用意して比べるとよいです。たとえば、通販サイトのなかのカーディガンが気になるのであれば、家にあるカーディガンの着丈や肩幅を測定して、比較するということです。このようにすれば、通販のアイテムが、実際に手に持ったようにサイズ感がわかりやすくなります。そして、通販で服を買う際には、素材や生地の種類をしっかり確認しましょう。サイトで見ると、涼しそうに見えたけど、実物を見たら、ゴワゴワしていて厚かったとか、思った以上にペラペラと薄い布だったというケースが少なくありません。ですので、必ず素材をチェックすることをおすすめします。さらに、すでに買った人のレビューや感想があれば必ず見ましょう。消費者のリアルな感想がわかるので、レビューは一番参考になるといっても過言ではありません。